勝ち組になるお役立ちサイト集

日経ウーマンオンライン

特に働く女性に人気。使えるサイトです

  • 経済格差が叫ばれるなか、借金がどうしても返せない方が増えています。
    非正規が増加し、正社員が減っているため、返済計画がどうしても狂いがちなのです。
    どうしても借金で首が回らなくなったら迷わず自己破産などの法的手続きをとりましょう。

    自己破産の一番のメリットは借金が0になって返済しなくても良くなることです。

    自己破産を考えている人は毎月どうやったらお金を返済できるか、どこかお金を貸してくれるところはないかと毎日気が休まる時がありませんが、そういった心配事が一切なくなります。

    ただしデメリットがないわけではありません。自分が所有している物で時価にして20万円以上価値のある物は、お金に換えて借金の返済にあてなくてはいけません。保険も払戻金が20万円以上ある場合には解約する必要がありますし、自宅を所有している場合には手放す必要があります。

     

    いずせにせよ、弁護士や司法書士にまずは相談してみて、ご自身の現在の状況を把握する事が大切です。

    自己破産などの法的手続きについて はコメントを受け付けていません。
  • 借金は、他人からお金を借りる行為ですので、様々な法律が絡んでいます。借金と一言で言っても、誰から借りるかも非常に重要です。通常では銀行や消費者金融から借りることを思い浮かべる方が多いのですが、友人や親族から借りることもできます。

    借金を友人や親族から借りるときは、借用書をしっかりと書くようにしましょう。口約束だけで借金をしてしまうと、その後借用書がないことによってトラブルに発展することがあります。借用書がないと法律的にも貸した側が不利になってしまうことが多いので、お金を貸すときは必ず借用書を書いてもらうことが重要です。

    借金と関係のある法律は、借金を返済することができなくなったときにもたくさんあります。

    債務整理は、法律で認められている借金を減額したりなくしたりすることができるものです。債務整理にも色々な種類があり、債権者との話し合いによって債務を減らす任意整理、裁判所の認可を受けて借金をなくすことができる自己破産などがあります。

    特に自己破産は、裁判所への手続きが必要になりますので、書類などを用意しなければなりません。法律に対する知識も必要になりますので、自己破産を行うときは弁護士に依頼することでスムーズに行うことができます。弁護士はご存知の通り、法律に関する専門家です。弁護士にも得手不得手がありますので、債務整理を弁護士に依頼することを検討しているときは、債務整理に強い弁護士に依頼しましょう。

    借金と関係のある法律について はコメントを受け付けていません。
  • 借金を返済することができない場合は、当然ですがいいことではありませんが、基本的には民事の範疇であるため、警察に逮捕されるようなことは詐欺的な行いがなければありません。

    しかしながら、提訴が民事上の裁判において行われて判決が確定した場合には、所有財産を強制執行によって差し押さえになるリスクはあります。

    そのため、財産で換金できるものが無い場合には、恐ろしくないとも言えます。

    しかしながら、借金の返済を毎日のように要求されるため、生活を平静に送ることは難しいでしょう。

    借金を返済する意思が無い場合は、詐欺的な行いになります。

    努力をしているにも関わらず、借金を返済することができないのは仕方がないでしょう。

    しかしながら、最初から借金を返済する意思がないにも関わらず、借金をすれば、詐欺になる可能性があります。

    この借金を返済する意思がないという場合には、分割金を実際に1回でも返済したかということが問われます。

    例えば、自己破産するのを覚悟して、50万円を消費者金融でキャッシングして、破産申請を裁判所にそのまま行ったようなケースです。

    新しい借金に対して返済を1回もしない場合は、認めてもらうためには相当な理由が必要でしょう。

    先にご紹介したケースの場合は、返済できないということではなく、返済する意思がないということでしょう。

    自己破産の手続きを弁護士に頼んだ場合には、借金の返済を最低でも1回は行うように言われるでしょう。

    借金を返済することができない場合 はコメントを受け付けていません。
  • かつて日本経済が右肩上がりで成長を続けていた時代は年功序列、終身雇用が日本の企業では当たり前でした。
    一度就職してしまえばよほど大きな失敗をしない限りは定年まで安泰、給料も年々上がり続けることが確約されているという今から考えたら夢のような時代でした。
    しかし、バブルが崩壊してから日本の会社員をとりまく環境は一変しました。
    業績の悪化はリストラに直結し、仕事ができない人間は容赦なく切り捨てる、そんな厳しい時代が到来したのです。
    その結果転職が誰にとっても身近な関心事になってきました。
    会社が簡単に社員を切り捨てるのならば、社員のほうも自分ふさわしい職場を求めてステップアップしていく。それがあたりまえの世の中になりつつあります。
    社畜などと言われて会社に尽くしても、いつリストラされるかわからない。
    日本的なやさしい信頼関係は過去のものとなったのです。

    終身雇用の終焉 はコメントを受け付けていません。
  • アベノミクスの影響なのか、世の中は人手不足の傾向にあるそうです。
    飲食関連では時給を上げて募集をしてもなかなか人が集まらないんだとか。
    転職にもタイミングが大事です。
    条件にしても職種にしても、売り手市場のときのほうが自分の思い通りの職場に行けることは言うまでもありません。
    現在の自分の職場や待遇に不満があって悩んでいるのなら、今決断するというのも選択としては間違っていないのではないでしょうか。
    社会の状況は刻々と変わっていきます。バブル崩壊からの失われた10年、リーマンショック、中国の台頭と厳しい状況が続いてきた日本経済にようやくさしこみ始めた薄明かりをうまく利用しましょう。
    一歩を踏み出す勇気が自分の人生を切り開いていくのですから。

    アベノミクスの影響 はコメントを受け付けていません。
  • 電気代を節約する事で、家計の支出を節約する。
    こういった考えのもと、ソーラーを家の屋根に付ける家庭が増加しています。
    実際にどれくらい得になるか太陽光発電見積りをしてみると分かりますが、初期投資こそかかるものの、十年程度で家計にプラスになる場合も多いのです。
    多くの方は初期投資というのを嫌います。例えば、自分自身の将来への投資として
    資格がありますが、資格をとる為にかかるお金をケチるために、後のち大きな損失を被る場合もあるのです。時間軸に沿った長期的なスパンで物事を見る癖をつけている人が最終的にはいわゆる「勝ち組」になるのです。

    節電で貯金する はコメントを受け付けていません。
  • 外見はビジネスパーソンにとって大切な要素です。
    ビジネスの導入部では相手方の情報量が少ないために小さな差異が大きな意味を持ちます。
    どんなネクタイをしているか、腕時計はロレックスか、といった細かい事で
    相手が信用できるか否かを判断する意外ないのです。
    もちろん相手方との交流が進んでいけばこういった外見的な情報の重要性は減滅していきます。
    最も初期には判断の基準となる情報の量が少ないがために腕時計など、瑣末といえる部分で判断しなくては
    ならないという事です。

    ビジネスパーソンの身なり はコメントを受け付けていません。
  • 「内側からキレイに」
    といっても内面の話ではありません。服の中の話です。
    特に女性は、自分の体に対するケアを多かれ少なかれしていると思います。

    こういったケアは見えない部分ほどおろそかになりがちですが、実は「できる女性」といわれている人は見えない部分こそキレイなんです。ムダ毛の処理は見えない部分もちゃんとしましょう。

    仕事を持ってる女性が仕事帰りに自分へのご褒美にと、こういったサロンに通っています。
    自分へのご褒美が自分を高めてくれるんですね。

    内側からキレイに はコメントを受け付けていません。
  • お米を精米したときに出てくる『ぬか』には美肌を保つ為に良い成分が沢山含まれています。
    市販の化粧品などにも米ぬかの成分を使用したものは多くありますが、よりエコに美肌を作りたいならば、ぬかそのものを自分で利用してみましょう。
    そういえば以前テレビで炭酸パックというのをやってましたね。

    これも自作できるようです。パックにする米ぬかを食品として使用するならば、漬物や料理に混ぜることで栄養分を取り入れることが出来ます。
    料理に使う場合は、必ず乾煎りをして生では食べないようにしましょう。
    密閉容器に保存しておけば1~2週間は保存が可能です。
    ヨーグルトに混ぜたり、カレーに入れたり、お好きな食べ方でどうぞ。
    入浴剤やパックとしても使用可能なぬか。
    新鮮な米ぬかと水を混ぜ合わせ、固まれば石鹸としても使えます。
    アトピーや敏感肌の人にもおススメですよ。

    米ぬかは美肌の味方 はコメントを受け付けていません。
  • アルバイトにしろ、正社員にしろ、仕事を探している人にとって履歴書は必須のものです。
    仕事を見つけたら、すぐに面接に行けるように履歴書を事前に準備している人も多いと思います。
    そもそも平成何年に学校に入学したとか、卒業したとか、いちいち覚えている人はいませんよね。
    ですから、一枚そうしたことを書いている「ひな形」があれば便利です。
    実は私もそうしたものを作って持っています。
    さて、この履歴書ですが、履歴書というのは、その人の歩んできた道がわかるようになっています。
    まあ、若い人は別にして、ある程度の年齢になってくると、学歴よりも職歴が重視されるようになってきます。
    ですから、転職ばかりしていると、履歴書の職歴がとんでもないことになります。
    でも、これもすべて自己責任ですよね。

    履歴書と人生 はコメントを受け付けていません。
  • 農家は厳しいという事は、子供の頃から体感していました。
    GWは全て作物に捧げ、秋に台風が来れば収穫が激減する。
    野菜通販をしていましたが、収穫が減少すればその分生活は厳しくなります。

    同級生たちが家族でレジャーに行くことが、とてもうらやましかったです。
    両親の苦労は知っていたので、私を進学させてくれた事には感謝しています。
    ただそのまま都会で就職してしまい、引け目を感じていました。
    ところが父が倒れ、一時的に休職をして実家の農業を手伝うことになったのです。
    会社員の仕事は相手が見えません。
    ただただ命令のまま、資料を作り雑務をこなす。
    そう、歯車でしかない。
    しかし作物は、手をかけてやっただけ応えてくれ、しかも喜んでくださるお客様の顔が見える。
    ここで生きよう。
    そう思って、今ここにいます。

    農業 はコメントを受け付けていません。
  • 結婚…それは人生の選択であり転換期でもあります。
    「すぐに結婚をしたほうがいい」「もう少し、後から結婚をするべきだ」…
    更に言うならば、根本的に「結婚をするべきか、しないべきか」という選択も考えられます。
    看護師のように働く女性の場合、結婚、出産後も働ける職場かは重大な関心事です。
    例えどちらを選択するにしても、生き方自体が随分変わることは言うまでもありません。
    そしてどちらを選択するにしても、それは本人の意志です。
    しかし、絶対にしてはならないことがあります。
    結婚に対して、選択した自分の意志を疑うことです。
    「もし結婚していれば…結婚していなければ…」→逆の選択肢を、あたかも「理想の選択肢」として比較することです。
    そういう選択を考えてしまう人とは、現在の自分の状況を過去の選択のせいにする→つまり、言い訳ばかりで努力をしない人ではないでしょうか。
    結婚の選択…どちらを選択するにしても、幸せになる努力をしなければ後悔ばかりの人になってしまいます。

    仕事と結婚 はコメントを受け付けていません。
  • あるスポーツシューズの有名ブランドが、履きながらシェイプアップにつながるというシューズを発売しています。 履くだけで、脚とヒップの筋肉を効果的に刺激するそうです。 柔らかいバランスボールの上にいるような状態を作り出しています。 不安定ながらもクッション性のあるソール部分が特徴です。 22~39歳女性に、週3回の有酸素運動の際に履いてもらった結果、体脂肪が平均2.5%減ったデータもあります。 疲れにくい構造になっているので、手軽にダイエットや体型維持ができるようです。 ウォーキングに愛用するもの良いですし、普段使いができるデザインなのでカジュアルスタイルにもコーディネートできそうです。 今やシューズでダイエットする時代なんですね!

    シェイプアップで印象UP はコメントを受け付けていません。